ソッキン王の評判は?トラブルはない?店舗は何処にある?

ソッキン王ってどんな会社?

ソッキン王は、全国対応で中古車を買取している業者ですが、その特徴はズバリ名前にあるソッキン、そう「即現金」で中古車を買取することを、最大の売りにしている買取業者です。

現社長でもある油谷聡士氏が、2013年に設立した(株)オートスピリットが、このソッキン王を運営していますが、油谷氏が起業した当初は看板すらない、従業員0名の小さな中古車販売店だったのだそうです。

それが今や総従業員数100名超、本拠を構えている横浜ではその名をとどろかす、中古車販売店となっており、販売・買取事業だけではなく、車検・整備をこなす自社工場を完備し、さらにレンタカー事業や中古車の輸出事業も手掛けています。

そして、以下で所在地を紹介する販売ショールームで、商品として並べる中古車の買取ブランドこそが、ソッキン王なのです。

 

店舗名 所在地
本社・横浜ショールーム 神奈川県横浜市都筑区北山田2-1-10
青葉店 神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町2046-1
ジープ八潮・八潮ショールーム 埼玉県八潮市大字八條1514

ソッキン王は外車のみを扱ってるの?普通の車は売れない?

この疑問に対しては、ソッキン王のイメージキャラである、元プロ野球ジャイアンツで左のエース、現在はタレントとして活動中の宮本和知さんバリの直球で答えておくと、外車のみしか売れないなんてことは、「一切ありません」。

なぜ、こういった疑問が出るかといえば、運営会社であるオートスピリットのショールームのうち、横浜・八潮の在庫車を見てみると、

このように、ちらっとレクサスが紛れ込んでいるものの、そのほとんどが外車、しかもかなりの高級メーカーが勢ぞろいしています。

これは、両ショールームがある地域が、全国的に見て輸入車需要が高い所であることと、八潮ショールームに至っては、ジープの正規代理店を兼ねているからですが、確かにこれを見ると外車しか買い取ってくれないように感じるのも、無理はありません。

一方、関東圏指折りのベットタウンである、横浜市青葉区の販売中古車在庫を見ると、

往年のオートファンには懐かしい日産シルビアから、リーズナブルな軽自動車、トラックや業務用向きの車種まで、実に多彩なラインナップとなっています。

さらにオートスピリットの場合、買取した車体のうち低年式・過走行気味に車体については、国内だけでなく自社が手掛ける中古車輸出事業によって、日本車需要の高い海外で販売していますし、レンタカーとして再利用することもあります。

オートスピリットは、このように販売チャネルを適材適所に配置し、国内向けではないと判断した車体でも海外輸出し利益を上げ、さらにレンタカー業務へ転用することで、在庫車管理コストを減らしながら、短期間で成長してきたのです。

つまり、買取部隊であるソッキン王では、高級輸入車に限らず国内直販・海外輸出用国産車、さらにトラックに至るまであらゆる車種を余すことなく、高価で即金買取してくれるという訳です。

ソッキン王の評判にはどんなものがある?

ソッキン王には、どんな車種でも売れるということがわかりましたが、大切にしてきた愛車を売るからには、口コミや評判も気になるところです。

ソッキン王のHPをチェックすると、グーオクのユーザーレビューにおいて、顧客満足度第1位になったとアピールしています。

このグーオク顧客満足度は、

1. 連絡と対応の良さ
2. 車両引渡しのスムーズ度
3. 査定価格の高さ
4. 総合的なおすすめ度

の4項目で順位が決定されます。

このうち、ソッキン王が他社と比較してハッキリと評価が高いのが「連絡と対応」で、その訳はソッキン王の場合、サイト運営も査定依頼後に電話対応するコールセンターも、すべて自前で行っているからです。

通常、大手業者の買取サイトは、コスト面や効率性からサイトの構築から運営、コールセンター業務までを外部委託するのが一般的であり、中小規模業者の場合は現場スタッフが電話対応をしなければなりません。

そして、この場合どうしても、

 サイト運営が外部業者であるため、タイムラグが生じ顧客への連絡が遅れる。
 外部コールセンターのため、顧客・車両情報の共有がうまくいっていない。
 専門スタッフではないため、初期対応の教育が徹底されていない。

などの弊害が生じてしまいます。

一方ソッキン王では、サイト上での申込みから顧客へのファーストタッチまで、外部業者が介入しないため、査定申込み後の連絡がスムーズで、かつ電話アポインターの初期対応教育が徹底されており、これが高い評価に繋がっているという訳です。

また、車両引き渡しについては、公式HP上でも素早く車載車両を派遣し、引き取る旨記載されていましたし、車両と書類の確認が済めば「即金買取」というスタイルが、スピード感があると、評価されたものとみられます。

さらに、最も肝心な査定価格の高さについても、前述した専門性と網羅性を併せ持ったオートスピリットの直販能力を考慮すると、並の買取業者では太刀打ちできないケースもあると、当サイトでは考えています。

ここまでの評価が、総合おすすめ度として反映され続け、2016年には実に5期連続の1位受賞を果たしています。

ソッキン王は出張買取にも無料対応!だけど…

ここまで多くのユーザーに好評であるならば、是非ともソッキン王に査定してもらいたい!と、考える方も多いはずです。

先ほどお知らせした店舗所在地付近であれば、店舗に赴いて査定してもらうことも可能ですが、ちょっと離れているという方であっても、ソッキン王は出張による実車査定にも対応しています。

ただし、『全国どこでも買取可能』と公式HPに文字が躍っていますが、出張査定については問い合わせた所、現時点では関東圏限定の対応となっています。

ソッキン王でトラブルに合わない為に準備する注意点

ソッキン王はここまで述べてきたように非常に評判も良く、運営会社もしっかりとして経営を続けているので、それほど大きなトラブルを心配する必要なありません。

代名詞でもある即金買取ではなく、支払いに数日かかったという声も、ちらほら見受けられました。

こちらは、何かしら必要書類に不備があったのが原因と考えられますが、何にしても売却代金がなかなか入金されないのは、ユーザーにとって不安なものです。

ですので、ソッキン王に限らず車を売りに出すときは、名義変更に必要な書類をしっかりと確認し、胃仁寿などの記載や捺印が正確にされているか、事前に確認するよう心がけましょう。

また、これはソッキン王を責めるのはお門違いとも思えますが、他社の方が買取価格が高かったと非難する口コミも、少なからずありました。

確かに、優れた直販能力に裏打ちされた、高水準の査定額を出してくるソッキン王ですが、それでも車種や年式・車体の状態によっては、他社の査定の方が高いケースも当然あります。

トラブルとは言えないかもしれませんが、愛車をとにかく高く売りたい場合は、ソッキン王一択はやめ、複数の買取業者で相見積もりを依頼し、しっかりと比較することをおすすめします。

一括査定を利用するのとソッキン王どっちを使用するのがおすすめ?

前項の最後で述べた通り、ソッキン王に頼り切るのではなく、複数社と競合させることこそ、高く愛車を売る近道です。

となると、一括査定を利用する方がいいという結論になりそうですが、ソッキン王の査定は、利用しないという選択をするには惜しいレベルの、高い買取額を提示してきます。

そこで良い手を1つ、スマホ用コンテンツや、インターネット向けサイトなどの開発で有名な、(株)エイチームが運営をするかんたん車査定ガイドには、なんと今回紹介したソッキン王が参加しているのです。

つまり、このかんたん車査定ガイドを経由して、ソッキン王と近隣の買取業者に一括査定依頼すると一石二鳥、より愛車の査定額が引き上げられることがあるので、是非ともお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です